2014年10月11日

ドライビングスクールでの外免切替コースの概要

タイ嫁が通ったドライビングスクールでの外免切替コース(3日間)のスケジュールは以下のとおり。

ちなみに、あくまでもタイ嫁のドライビングスクールでのコースなので、他の教習所でも同じかはどうかは不明なので、参考程度にしてもらいたい。

「初日」
  • 乗車及び降車時の安全確認

  • 車線変更

  • 交差点での右左折

  • 徐行運転

タイ嫁、安全確認の多さに驚く。

「2日目」
  • 1日目の復習

  • 坂道

  • 一時停止

  • クランク

  • S字クランク

タイ嫁、クランクを不安がるも、タイってこんな道ばかりじゃない?というと爆笑。
まだ、細かい安全確認ルールが十分咀嚼できてなかったようで、ストレスが爆発し、帰りの車中でおいらに八つ当たり((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

「最終日」
  • これまでの復習

  • 運転免許センターでの実技試験のコースシミュレーション

前日、ストレスが爆発したのが功を奏したのか、2日もみっちりやって慣れたのか、スムーズな運転になる。
教官にも、今日と同じような感じで、実技試験に臨めれば大丈夫と思いますと言われる。
本人も、最終日はうまく運転できたという自覚があるらしく終始ごきげんw

外国免許の切り替えに必要な申請書(写真貼付済)、質問票について、内容を確認の上、タイ嫁が記入し、受験票(写真貼付済)、住民票、外国の免許証の翻訳文を受け取って、準備終了。

運転免許センターのコースの地図を貰って、最終アドバイスを受けて、外免切替コース無事終了。

よく頑張ったので、縁起をかついでタイ嫁の好きなとんかつ屋で夕飯を食べて、帰宅。

つづく

2014年10月09日

外免切替コースのある自動車教習所に問い合わせる

タイ嫁は自動車教習所の外免切替コースの実技教習を受けさせることにした。

これは単純に、そのまま受けても、合格する公算が全然なかったためだ。

最初は、家のすぐそばにある自動車学校へ行ってみたんだが、何やらそこでは教えることができないということで、別の自動車教習場を紹介してくれた。

その他、ネットで調べて、評判のよさ気な教習所にも問い合わせたりしてみたが、めんどくさがり屋の嫁でも無理なく通えるので、自動車学校が紹介してくれた教習所に問い合わせることにした。


1-IMG_0885.JPG


ということで、教習所に電話し、外免切替コースの概要と費用について確認した。

続きを読む
2014年10月07日

タイの運転免許証を翻訳するときの注意事項

外免切替の書類の所で少し触れたが、嫁のタイの運転免許証翻訳文は、JAFで30分程度で終了した。

ただ、タイの運転免許証によっては、翻訳文の作成に時間がかかることがあるという説明を受けた。

ちなみに、タイ嫁の運転免許証はこんな感じの奴。



このタイプの奴は、免許書に英文が併記されているため、30分程度で済むらしい。

続きを読む
2014年10月06日

外免切替の申請に必要な書類

所有している外国の運転免許証が条件を満たしていれば、晴れて外免切替の申請へと進める。



タイ嫁が外国の免許証の切り替えにあたり準備した書類は以下のとおり。

続きを読む
2014年10月05日

外免切替の条件

外国の運転免許証を持っていれば誰でも外免切替ができるかというとそういうものではなく、外免切替には条件があります。



おいらが今回、タイ嫁の免許切り替えにあたり調べた情報をまとめると以下のとおり。

  • 有効期限が切れてないこと

  • 当然ですが、有効期限の切れた免許証は受けつけられません。
    ちなみに、免許証の翻訳文が必要になるのですが、有効期限が切れた免許の翻訳文も無効になります。
    逆にいえば、有効期限内であれば翻訳文は一度作成すれば大丈夫ということでもあります。

  • 運転免許取得後、本国(タイ嫁の場合はタイ)に通算して3ヶ月以上滞在していること。

  • これは少しわかりにくいかもしれませんが、「海外で運転免許証を取得し、翌日日本に戻って免許の切り替えをしようとしてもできない」ということです。
    なのでタイで免許取らせて、日本で切り替えさせれば良いと考えている人がいましたら、取得後の3ヶ月の滞在も考慮したプランが必要となります。
    タイ嫁はあった時には既に免許を取って数年経っていましたので、特にこの規程に引っかかる事はありませんでしたが、それを証明するために現在のパスポートと古いパスポート全部を申請時に提出する必要がありました。

  • 本人が申請すること。
    代理申請は認められてませんので、申請時には本人をちゃんと連れて行く必要があります。
    ちなみに、申請手続き受付時間が朝9時〜10時の1時間に限定されていたため、おいらは寝坊助のタイ嫁を朝早く起こして連れて行くことになりました^^;A

  • 日本国内に住所があること

  • 住所不定者は外免切替ができません。ちなみに、申請書は居住する都道府県の免許センターへ提出します。

  • 在留資格(VISA)が有効であること

  • 不法滞在者は外免切替ができません。


つづく
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。