HOME > タイ人が日本で必要なビザや在留許可
2010年07月28日

タイから日本へのビザ(査証)取得に関する留意点

おいらの彼女は日本に来たことがあるんだけども、タイ人が日本に来る時は、短期滞在であっても、ビザが必要となる。

特にタイガールは、人身取引対策との理由から、観光ビザの取得に際して、かなり厳しい審査が行われる。

そのため、タイガールが日本へのビザを取得するためには、

訪日が人身取引によるものではないことを証明する

ことが必要となるわけで、そのために査証申請書の他に、それを証明するための書類があれこれと必要となるわけだ。

これが、タイガールが日本へのビザを取得し難いといわれる所以であると思われるんだが、実際に申請するにあたっては、最も留意しなければならない事となる。

では、具体的にどうすればいいんだという話なんだが、続きを読む
2010年07月29日

タイガールの彼女の「知人訪問目的の短期滞在査証」取得のために準備した書類(1)

既に説明したとおり、タイガールが日本へのビザを取得するには、沢山書類を提出しなければならない

で、おいらは彼女を知人訪問目的の短期滞在ビザで日本に呼んだんで、その時の体験を軽くまとめてみることにする。

提出書類というのは、在タイ日本大使館ウェブサイトの「観光・知人訪問等の目的で短期滞在査証を申請する際に必要な書類」として、まとめてあるので、そこにある書類を提出することになる。



続きを読む
2010年08月01日

タイガールの彼女の「知人訪問目的の短期滞在査証」取得のために準備した書類(2)

では、肝心要のタイガールがビザ申請で準備する書類なんだが、これは在タイ大使館のウェブサイトに書いてある書類を用意すればいいだけ。

また、タイ語の説明ページもあるので、それを教えておけば話が早い。



とまぁ、基本的にタイ語のウェッブサイトを教えておけば、大丈夫!

続きを読む
2010年08月03日

在タイ日本大使館でのビザ申請の様子

日本査証申請センターJVAC)ができたため、今はどうかわかりませんが、在タイ日本大使館に短期査証の申請に行った時の様子を紹介します。

在タイ日本大使館でのビザ申請


続きを読む
2012年03月05日

タイ嫁のビザ(在留期間)更新の申請書類まとめ

先日、タイ嫁のビザの更新に行った所、無事承認されたので、入管でのビザ更新の申請書類についてまとめたいと思う。

ただ、一般的にはビザの更新と言われているけども、査証(ビザ)は入国審査に必要な書類で外務省が発行するもので、法務省の管轄の入管では本来取り扱うものではないので、正確には在留期間の更新というの表現の方が正しいかと思うので、ここではそう表現する。

さて、ということで、在留期間の更新の書類についてだが、法務省の「在留期間更新許可申請」からダウンロードができる。



ただ、このページでは在留期間の更新に係る書類が全般の情報が記されているので、配偶者の在留期間の更新に必要な書類を抜き出す必要がある。

ということで、おいらが準備した書類は以下のとおり。

続きを読む
2012年03月06日

タイ嫁のビザ(在留許可)更新の申請に入管へ行く

休みを取って、タイ嫁の在留期間の更新ビザ更新)のために、入管へと来たおいらとタイ嫁。

途中で郵便局で、収入印紙(4000円と6000円)を購入し、準備万端だし、タイ嫁も平日なのにおいらと一緒に出かけられることがうれしいらしく、終始ごきげんだった。

おいらは、そんなタイ嫁を横目に、在留期間更新再入国許可の申請書類の最終チェックをしていた。


そうこうしている内に、おいらの順番が回ってきたので、受付へと向かうおいらとタイ嫁。

受付で、「在留期間の更新と、同時に再入国許可の申請を行いたい」旨を伝えると、入管の人は少しはにかんだ顔をしながら、「まず、在留期間の更新の書類から確認しましょう」というので、それに応じるおいら。

申請書類の中でわからなかった項目(在留期間)の質問をして、タイ嫁の署名をした後、提出書類に不備がないかをチェックが終わるまで、しばらく椅子に座って待つおいらとタイ嫁。

再度、受付に呼ばれ、必要な書類が揃っている事が確認され、在留期間の更新の申請は終了。

それと同時に、以下の2点の説明があった。

1つ目は、在留期間更新の申請が受理された時点で、タイ嫁の在留期間が2ヶ月延長されるといこと。(この時点でタイ嫁の在留期間は7月までに延長された)

2つ目は、何らかの理由で在留許可の承認の可否の連絡がなかった場合に、再度入管に出頭する期間があり、その期間が書かれた葉書サイズの資料の説明だった。

通常は1週間程度で連絡があるため、滅多にないらしいが、それでも何らかのミス等で連絡がいかないことを想定しての制度のようだ。

ちなみに、タイ嫁の場合は、その期間が6月になっていた。

在留期間の更新の話が済んだところで、再入国許可の申請もしようとすると、入管の人から「今日は再入国許可の申請は受け付けられないんです。」と言われるおいらとタイ嫁。

続きを読む
2012年03月07日

タイ嫁のビザ(在留期間)更新の通知書

在留期間更新の申請から、ちょうど1週間で入管から通知書が届いた。

Tsuchisho.jpg


ただ、通知書は結果について一切触れておらず、必要な資料を持参の上、期日内に入管まで来るようにということが書いてあった。

必要な資料は以下のとおり。

続きを読む
2012年03月08日

タイ嫁のビザ(在留期間)更新の結果を聞きに入管へ再出頭

タイ嫁のビザ更新の結果が出たため、おいらとタイ嫁は通知書に記載された資料を持って、入管へ再出頭した。

後、前回受け付けてもらえなかった再入国許可の申請書類もだ。

入管について、順番待ちの番号札をとり、待つこと10分程度で、タイ嫁の番が回ってきた。

受付で在留期間更新の結果を知りたい事と、同時に再入国許可の手続きをしたい旨を伝えると、またもや再入国許可の申請について、何やら制度が変更でウンタラカンタラという話をされたんだけども、そこでは要領をえなかったので、まずは在留期間の更新の件を進めることに。

入管から受けた結果は、続きを読む
2012年03月20日

新しい在留許可制度のみなし再入国許可と再入国許可申請

無事1年間の在留期間の更新が承認され、再入国許可申請も進めようとおもったわけだが、入管の職員から「新しい在留許可制度についてはご存知ですか?」と質問された。

当然ながら、そんな事は知るよしもないのだが、どうやらそれに伴い再入国許可申請をするかしないかについての判断が変わってくるケースが発生する事があるとの話なので、まず、その新しい在留許可制度について話を聞くことにした。



新しい在留許可制度は平成24年7月9日から施行され、それにより大きく4つの変更があるようだ。

それは、

  • 在留カードの発行

  • 在留期間が最長5年に延長

  • みなし再入国許可制度の導入

  • 外国人登録制度の廃止


というものだ。

おいらみたいにタイ嫁を抱える日本男子は全ての変更点をある程度知っておく必要があるわけだが、再入国許可申請に関わるのは、新たに導入される「みなし再入国許可制度」というやつだ。

このみなし再入国許可制度だけども、簡単にいえば、

続きを読む
2012年03月22日

外国人登録証の在留期間の更新

入管でタイ嫁のビザの更新は無事に完了したわけでだけども、もう一つやらなければならない事がある。

それは、外国人登録証の更新だ。

外国人登録証には、入管から発行される許可証に基づいて、タイ嫁の在留期間が記載されているんだが、この在留期間を更新する必要がある。

この更新手続きは、最寄りの市区役所へ行ってするんだけども、タイ嫁が持参したのは以下の2つ。

  • タイ嫁のパスポート

  • 外国人登録証


役所の窓口で、「ビザの更新したので、外国人登録証の内容も更新したい」というと、申請書類を持ってきてくれて、指示通りに情報を記入して、申請は終了。

10分ぐらいで、再度呼び出されて、「裏面に新たな在留期間が記入された外国人登録証」を受け取り、これで在留期間の更新に係る手続きは全て終了となる。

なお、2012年7月9日以降は外国人登録証が廃止され、在留カードへと切り替えられるため、この手続は不要になるが、そうじゃない人は忘れないようにされたし。

後、この時に役所の職員に説明されたのが、住民基本台帳法の改訂の件なんだけども、それは後日まとめることにする。

続きを読む
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。