2014年10月05日

外免切替の条件

外国の運転免許証を持っていれば誰でも外免切替ができるかというとそういうものではなく、外免切替には条件があります。



おいらが今回、タイ嫁の免許切り替えにあたり調べた情報をまとめると以下のとおり。

  • 有効期限が切れてないこと

  • 当然ですが、有効期限の切れた免許証は受けつけられません。
    ちなみに、免許証の翻訳文が必要になるのですが、有効期限が切れた免許の翻訳文も無効になります。
    逆にいえば、有効期限内であれば翻訳文は一度作成すれば大丈夫ということでもあります。

  • 運転免許取得後、本国(タイ嫁の場合はタイ)に通算して3ヶ月以上滞在していること。

  • これは少しわかりにくいかもしれませんが、「海外で運転免許証を取得し、翌日日本に戻って免許の切り替えをしようとしてもできない」ということです。
    なのでタイで免許取らせて、日本で切り替えさせれば良いと考えている人がいましたら、取得後の3ヶ月の滞在も考慮したプランが必要となります。
    タイ嫁はあった時には既に免許を取って数年経っていましたので、特にこの規程に引っかかる事はありませんでしたが、それを証明するために現在のパスポートと古いパスポート全部を申請時に提出する必要がありました。

  • 本人が申請すること。
    代理申請は認められてませんので、申請時には本人をちゃんと連れて行く必要があります。
    ちなみに、申請手続き受付時間が朝9時〜10時の1時間に限定されていたため、おいらは寝坊助のタイ嫁を朝早く起こして連れて行くことになりました^^;A

  • 日本国内に住所があること

  • 住所不定者は外免切替ができません。ちなみに、申請書は居住する都道府県の免許センターへ提出します。

  • 在留資格(VISA)が有効であること

  • 不法滞在者は外免切替ができません。


つづく


この記事を評価する:
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。