HOME > タイ交通 > マッカサン駅(エアポートリンク)からペッ..
2012年03月03日

マッカサン駅(エアポートリンク)からペッチャブリー駅(地下鉄)への乗り換え

エアポートリンクマッカサン駅は、地下鉄(MRT)のペッチャブリー駅に近接しているため、MRTへの乗り換えが可能である。

IMG_3992.JPG


地図の赤い線がそれなんだが、徒歩5分程度の距離だ。



ただ、マッカサン駅からペッチャブリー駅までには連絡通路があるわけではなく、タイの一般的な歩道を歩いて行くしかない。

タイの歩道というのは日本の歩道とは違い段差がきつかったりする上に、タイ国有鉄道の踏切を超えていかなければならない(といっても小さい踏切だが)など、でっかいスーツケースを引きずっていくのには難有りという感じだ。

また、タノンアソーク(アソーク通り)との交差点付近は、車の交通量も多く、タイの道路事情に慣れてない人は、ここを横断するのも多少戸惑うかもしれない。

しかし、タノンアソークとの交差点を超えてしまえば、特に大きな問題があるわけではないので、難なくペッチャブリー駅へと到着。

エレベーターもあるので、大きな荷物抱えてても、地下鉄へ乗るのには大きな問題はないわけだが、小さな問題が一つ。

それは、地下鉄の入り口では、持ち物検査をしていて、鞄の中身を見せなければならないってことで、タイ嫁から預かった家族へのお土産がタンマリと入ったおいらのスーツケースも検査のために、開けなければならなかった。

これらの一連の様子を写真に収められればよかったんだけども、でっかいスーツケース抱えてそこまでの余裕もなく、とりあえず地下鉄に乗って、次の駅(スクンビット駅)で降りて、そのままホテルへと向かった。

当然ながら、ホテルへの道のりも、きつい段差と混み合う人々をかき分けという感じになったわけだが…^^;A

そんな感じで、アソーク方面に宿泊の際には、今回の経路を踏襲することは二度と無いと思うが、良い点を言えば、空港からホテルまでの交通費が50バーツ(約150円)という格安な料金だったということだ。

ただ、スワナプーン空港からエアポートリンクを利用する場合は、マッカサン駅は決して便がいいわけではないというのが正直なところだ。

P.S.
今回のケース(アソーク周辺宿泊)ではいえば、スワナプーン駅からエアポートリンク終点のパヤタイ駅まで行き、そこから連絡通路を通ってBTSでアソーク駅へという方がよいようだ。(タイの妹分談)



この記事を評価する:
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング
posted by Taka at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。