HOME > タイ国際電話 > 日本から携帯でタイへ国際電話をした時の通..
2010年04月05日

日本から携帯でタイへ国際電話をした時の通話料(2)

引き続き、携帯でタイに国際電話をかける話なんだが、電気通信事業者の国際電話サービスを利用してもかけることもできる。

日本で国際電話を提供している電気通信事業者は、8社あるみたいなんだが、そのうち、携帯電話から利用できるのは、NTTコミュニケーションズ、KDDI、ソフトバンクテレコムの3社。

各社の国際電話のかけ方は以下の通り。

  • NTTコミュニケーションズ(株)

  • 0033-010-国番号-電話番号

  • KDDI(株)

  • 001-010-国番号-電話番号

  • ソフトバンクテレコム(株)

  • 0061-010-国番号-電話番号


基本的に携帯から利用する場合は、申し込みが必要となるが、auはKDDI(株)の回線を元々利用しているため、申し込みをしなければKDDI(株)を介して国際電話をかけることになるようだ。

で、各事業者を利用して、携帯電話からタイへ国際電話をかけた時の通話料をまとめると以下の通り。

通話料金1分通話3分通話
最初の1分1分〜
NTTコミュニケーションズ(株)昼間21円/6秒20円/6秒210円610円
夜間18円/6秒18円/6秒180円540円
深夜・早朝13円/6秒11円/6秒130円350円
KDDI(株)88円/分88円264円
ソフトバンクテレコム(株)オフィスタイム22円/6秒21円/6秒220円640円
ファミリータイム17円/6秒17円/6秒170円510円
スーパーファミリータイム15円/6秒13円/6秒150円410円

※昼間:午前8時〜午後7時、夜間:午後7時〜午後11時(土・日・祝日の昼間を含む)、深夜・早朝:午後11時〜午前8時
※オフィスタイム(平日8:00〜19:00)、ファミリータイム(平日19:00〜23:00、土・日・祝日8:00〜23:00)、スーパーファミリータイム(毎日23:00〜翌8:00)


NTTコミュニケーションズ(株)とソフトバンクテレコム(株)は、利用する時間帯と通話時間によって、通話料単価が異なり、KDDI(株)はいつかけても同じ通話料単価で、1分あたりの通話料はKDDI(株)が最安になる。

しかしながら、NTTコミュニケーションズ(株)とソフトバンクテレコム(株)の通話料単価は6秒刻みなので、通話時間によっては、KDDIよりもお得になることもある。

例えば、どの時間帯でも24秒以内の通話の場合はNTTコミュニケーションズ、ソフトバンクテレコムの方が安くなるし、NTTコミュニケーションの深夜枠であれば1分〜1分30秒、2分〜2分12秒の間で通話を終えた場合は、KDDIよりも安い通話料になる。

ただ、3分以上通話した場合は、KDDIがお得になるわけで、通話時間が長ければ長いほど、KDDI(株)を利用した方がいいということになる。

ただし、KDDIの場合、携帯からの利用は限度額(20000円/月)が設定されるようだ。

NTTコミュニケーションズと、ソフトバンクテレコムについては、特に限度額についての記述がないのでよくわからんので、利用する場合は限度額の確認も必要かと。

それにしても、通話料はやっぱりややこしいなぁ



この記事を評価する:
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング
posted by Taka at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | タイ国際電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

携帯からタイへの国際電話をかけた時の通話料まとめ
Excerpt: 携帯電話でタイへ国際電話かけた際の通話料について調べてきたんで、ここらでざっくりとまとめておこうかと。 携帯電話事業者の国際電話サービスの通話料 通話料(36円/分)、基本使用料(1,000〜7,4..
Weblog: タイのおなかとせなか 〜 あの空の下で…
Tracked: 2010-04-08 02:16
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。