HOME > タイ料理 > カノムジンの由来
2009年08月26日

カノムジンの由来

このエントリーで書いたカノムジンですけども、ライスヌードルで、カノム(お菓子)じゃないのに、なぜカノム?という疑問に、Sillyさんが色々と調査してくれましたので、おいらもタイ人友達に聞いてみました。

カノムジン


Sillyさんと同様、おいらのタイ人友達も、よく知らないという感じの返事を受けたんですけども、しつこく聞いたところ、ネットで何やら調べてくれました^_^

結論からいえば、ハッキリとした理由は分からなかったようなんだけども、友達との議論によれば、元々はミャンマー(もしくは、ベトナム)から、行商で売りに来ていたのが男が、「カノーム」という言葉を使っていたっていうのが、どうも起源らしいという話です。

で、このカノームというのは、ミャンマー語か、ベトナム語で、何らかの意味を持つ単語だったと思われるけども、タイ人には、「カノム(お菓子)」と聞こえたため、「カノムジン」と呼び始めたんだろうというところで、とりあえずは納得^^

形としては、イエンターフォーと同じ感じではないかと思います。

何はともあれ、ソムタムとカノムジンの組み合わせも、タイ人が好んで食べる組み合わせで、おいらも何度か食べたことあるけども確かによく合うので、タイランドに行ったら、お試しあれ^^)/

※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。


この記事を評価する:
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング
posted by Taka at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。